エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

2017-03-30から1日間の記事一覧

ボッティチェッリ 書物の聖母 

ミラノのポルディ・ペッツォーリ美術館で初めて「書物の聖母」を見たとき、その美しく優雅な曲線とAureolaと呼ばれる黄金に輝く輪光の繊細さに目を奪われました。「線の詩人」と言われたサンドロ・ボッティチェッリの円熟期、ちょうど1480年頃の作品です。ま…