エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

コレッジョ

ヴァカンス便り - シュノンソー城

フランス・ロワール渓谷流域の古城の一つ、シュノンソー城。 フランス王アンリ2世の寵妾ディアヌ・ド・ポアティエ、 正妃カトリーヌ・ド・メディシスら、16世紀の創建以来、 代々女性が城主だったため、別名「6人の女の城」とも 呼ばれる優雅なお城です。 こ…

トレント公会議後の宗教画とカラッチ

カトリック教会は1545年から’63年まで断続的にトレント公会議を 開き、教会の建て直しをはかりました。そして教会における美術作品は 「聖書や由緒正しい聖人伝にもとづくものであるべき」と定め、また 「分かりやすく写実的で、これを見る信徒の心に強く訴…

パルマとコレッジョ

プロシュット(生ハム)で有名なパルマは人口約18万人の町。 この小さな北イタリアの町に16世紀に活躍した画家コレッジョがいます。 彼はサヴォナローラの登場した暗い時代のフィレンツェやティツィアーノの ような巨匠が活躍したヴェネツィアといった大きな…