読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

カストラートとは

今回は少し毛色の変わった内容です。 (以前別のブログに書いたものですが、こちらに移します) もうかれこれ20年以上も前になりますが、 「カストラート」という映画があったので ご覧になった方も多いかと思いますし、この言葉を ご存じの方も少なからずい…

ミラノのティエポロ

17世紀にはヴィスコンティ家の邸宅だった建物をその後カルロ・ジョルジョ・クレリチ侯爵が買い取り、ミラノにそれまでにないような豪華な宮殿にしようと大修復が行われました。 それがミラノ大聖堂からすぐの、裏通りにひっそりと佇むクレリチ宮。 18世紀に…

カラヴァッジョに影響を与えた画家

----- カラヴァッジョは一群の地方画家(ロンバルディア派)の試みを 様式的価値にまで高めた画家だった -----と言った美術史家ロベルト・ロンギ。 カラヴァッジョはミラノで生まれ、そして13歳頃にシモーネ・ペテルツァーノの 工房へ弟子入りしていますが、…

トレント公会議後の宗教画とカラッチ

カトリック教会は1545年から’63年まで断続的にトレント公会議を 開き、教会の建て直しをはかりました。そして教会における美術作品は 「聖書や由緒正しい聖人伝にもとづくものであるべき」と定め、また 「分かりやすく写実的で、これを見る信徒の心に強く訴…

パルマとコレッジョ

プロシュット(生ハム)で有名なパルマは人口約18万人の町。 この小さな北イタリアの町に16世紀に活躍した画家コレッジョがいます。 彼はサヴォナローラの登場した暗い時代のフィレンツェやティツィアーノの ような巨匠が活躍したヴェネツィアといった大きな…

ベルニーニと視覚芸術

イタリアが生んだ天才芸術家は何人かいますが、その中でも 彫刻家であり、建築家であり、また視覚芸術の統合の実践者でもあった ジャン・ロレンツォ・ベルニーニは17世紀最大の天才。 ローマで彼の作品に触れてファンになった方も多いのではないでしょうか。…

ミラノの邸宅美術館;ポルディ・ペッツォーリ美術館

ミラノには邸宅美術館と呼ばれる美術館が4軒ほどありますが その中でも一番有名なのがこのポルディ・ペッツォーリ美術館。 中は当主であったジャン・ジャコモが欧州中から蒐集した美術品が 展示されていて、一見の価値あり。 1881年から一般公開されている…

カラヴァッジョの静物画 果物籠 

ミラノのアンブロジアーナ絵画館にあるカラヴァッジョの「果物籠」。 先月、かなり久しぶりに鑑賞する機会に恵まれました。 以前観た時と展示位置や照明が変わったので、今までもっと「黄色い」 イメージがあった作品ですが、薄いクリーム色というか白っぽい…

イタリア;2015年 秋の展覧会情報

2015年、芸術の秋にふさわしいイタリア各地で開催される展覧会の 情報をお伝えします。これからクリスマス休暇、年末年始にかけて イタリア旅行を計画されてる方に参考にしていただければと思います。 まず、ミラノで見逃せないのがこちら。 *フランチェス…

パリの邸宅美術館;ジャックマール=アンドレ美術館

邸宅美術館 ----という響きにここ数年、魅せられています。 華麗な邸宅が立ち並ぶパリ8区のオスマン通りにあるジャックマール=アンドレ 美術館はその邸宅美術館の中でもとびきり素敵なものの一つでしょう。 オスマン通り158番地に瀟洒な館ができたのは1875…

世界遺産;サヴォイア家のヴェナリア王宮

トリノ市内から西北10kmの所にある人口3万5千人ほどの町 ヴェナリア・レアーレにある、もとはカルロ・エマヌエーレ2世(17世紀)の 狩猟用の館として建てられたヴェナリア王宮へ目の保養をしに行ってきました。 実はこの狩猟の館、フランス軍の戦火にまみ…

イタリア:2015年 春の展覧会情報

今回は少しブログの趣向を変えて、2015年春に開催される大型展覧会の情報を お伝えしたいと思います。 *ジョヴァンニ・ボルディーニ : Lo Spettacolo della Modernita' http://www.mostrefondazioneforli.it/ フォルリのサン・ドメニコ博物館で2月1日から6…

ポポロ広場

4月に5年ぶりにローマへ行った際、Italoに乗ってティブルティーナ駅に到着。 それからすぐにポポロ広場まで行って、ポポロ門を「くぐって」ローマへ 来た実感を新たにしていました。 なぜそんな事をしたかというと、19世紀末までローマを陸路で訪れる旅行者…

アルテミジア・ジェンティレスキ

16世紀から17世紀にかけては個性的な女性の芸術家が美術史とよばれるものに誕生した初めての時代。その先駆者かつ圧倒的な存在感のあるアルテミジア・ジェンティレスキ。日本でも3〜4年ほど前に展覧会があったので、ご覧になった方も多いのではないでしょう…

エマオの晩餐 カラヴァッジョ

カラヴァッジョの作品の特徴はその「瞬間」を劇的な光と影で表現しているところだと思いますが、その中でも有名な作品「エマオの晩餐」はカラヴァッジョの思想も随所にうかがえるような感じがして好きです。キリストの弟子の2人がエマオ近くを語りながら歩…