エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

マンテーニャ

パルマとコレッジョ

プロシュット(生ハム)で有名なパルマは人口約18万人の町。 この小さな北イタリアの町に16世紀に活躍した画家コレッジョがいます。 彼はサヴォナローラの登場した暗い時代のフィレンツェやティツィアーノの ような巨匠が活躍したヴェネツィアといった大きな…

ミラノの邸宅美術館;ポルディ・ペッツォーリ美術館

ミラノには邸宅美術館と呼ばれる美術館が4軒ほどありますが その中でも一番有名なのがこのポルディ・ペッツォーリ美術館。 中は当主であったジャン・ジャコモが欧州中から蒐集した美術品が 展示されていて、一見の価値あり。 1881年から一般公開されている…

マンテーニャのパルナッソスとイザベッラ・デステ

ルネサンスの女傑イザベッラ・デステの書斎 (ドゥカーレ宮殿奥のサン・ジョルジョ城)に飾っていたと言われる マンテーニャ作「パルナッソス」(マルスとヴィーナス:1497年)は 現在パリのルーヴル美術館に展示されています。 この絵をはじめ、イザベッラ…

忘れられた画家:カルロ・クリヴェッリ

忘れられた芸術家とかいう形容を聞くと、逆に興味が沸いてくるのですが、 先日ブレラ絵画館にマンテーニャを鑑賞しに行った際、彼と同時代で、しかも おそらく彼と同じくフランチェスコ・スクァルチョーネの弟子だったこともある ヴェネツィア人カルロ・クリ…

マンテーニャ「死せるキリスト」:新たな展示方法

久々にミラノ・ブレラ絵画館へ行ってきました。去年の12月にブレラ絵画館の目玉であり、15世紀の北イタリア・初期ルネサンスに おける巨匠マンテーニャの「死せるキリスト」の展示方法が変わったのが、 少々話題になっていたからです(賛否両論でしょうけど…