読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

絵画の中のファッション

以前ブログでご紹介したブロンズィーノ描くエレオノーラ・ダ・トレドの 肖像画。その時にドレスに使われている美しい布地について少し触れましたが、 今回はその袖からポコポコとはみ出ている、白い布について書きたいと思います。 egotisme.hatenablog.com …

ラファエロ;巨匠からの影響

美術史では、1520年のラファエロの死を以て「ルネサンスの終わり」と し、その後の様式「マニエリスム」へと変化していきます。 そんな一つの重要な区切りを担う画家ラファエロは1483年にウルビーノで 生まれました。 彼の父親も画家であり、また母親は裕福…

イタリア;2015年 秋の展覧会情報

2015年、芸術の秋にふさわしいイタリア各地で開催される展覧会の 情報をお伝えします。これからクリスマス休暇、年末年始にかけて イタリア旅行を計画されてる方に参考にしていただければと思います。 まず、ミラノで見逃せないのがこちら。 *フランチェス…

今年のクリスマスはラファエロと

毎年この時期になると世界中の美術館からX'masプレゼントとして 名画(イタリア人芸術家がメイン)がミラノ市庁舎へやってきます。 ミラノ市の粋な計らいだと思って、毎年楽しみにしている私。 今年は1508年、ラファエロ25歳の時に描かれた 「エステルハージ…

ラファエロ:聖母の結婚

現在ミラノのブレラ絵画館にあるラファエロの「聖母の結婚」は 1504年、ペルージャ近郊チッタ・ディ・カステッロにある サン・フランチェスコ聖堂サン・ジュゼッペ礼拝堂のための祭壇画として 制作されました。その時ラファエロは21歳でした。 (ちなみにこ…