読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

イタリアの小都市探訪 スポレート

イタリアの小都市はどこもそれぞれに魅力がありますが、 ウンブリア州にあるスポレートもまた忘れがたい町の一つ。 特に細い坂道を上り、ふと開けた広場に佇むように建っている、 午後の光に照らされた大聖堂を見た時の感動は忘れられません。 スポレートは…

イタリア;2015年 秋の展覧会情報

2015年、芸術の秋にふさわしいイタリア各地で開催される展覧会の 情報をお伝えします。これからクリスマス休暇、年末年始にかけて イタリア旅行を計画されてる方に参考にしていただければと思います。 まず、ミラノで見逃せないのがこちら。 *フランチェス…

マエスタ・荘厳の聖母

ウフィッツィ美術館の第2室に「Maesta'」(イタリア語で荘厳という意味)と 呼ばれる絵画が3枚あります。マエスタとは玉座につき、聖人や天使に囲まれた 聖母子の絵画のことで、いつの時代にも多くの画家が描き続けてきたテーマ。 この第2室では、シエナ派…

イタリアの最も美しい村:スペッロを訪ねて

花の絨毯で有名なスペッロですが、その時期以外に訪れても旅人の目を 楽しませてくれる美しい景色がいっぱいの町。 スペッロはウンブリア州ペルージャ県にある、イタリアで最も美しい村と 名付けられたコムーネの一つ。ドライブの途中、スバシオ山の麓に突如…

ヴァカンス便り: オルチャ渓谷

いつの頃からか、糸杉のある景色を何かの写真で見て以来ずっと 心惹かれています。イタリアで糸杉を見つけると「あ、糸杉!」と 思わず心が踊ってしまうほど大好き。 ミラノ郊外の小さな街にも時々見かけますし、墓地には付き物の糸杉ですが、 北イタリアで…

中世都市ベルガモを歩く

フランスの文豪スタンダールは1801年、日記に「ミラノからベルガモへの街道は 素晴らしく、世界でもっとも美しい地方のなかを通っている」と書いています。 ロンバルディア平原に広がる田園風景と、遠くに雪を抱いたアルプス山脈を車窓から ぼんやり眺めなが…

ジョット:イノケンティウス三世の夢

アッシジの聖フランチェスコ聖堂にある有名なジョット派のフレスコ画。 そこには「聖フランチェスコ伝」が時計回りに28場面描かれています。 (どれが直接ジョットの手によるのか分からないですが、最後の6場面は 彼の弟子の筆だそうです) この中で大変興味…

コモ湖畔のマエストロたち

先日陽気なお天気に誘われてコモ湖畔へ散策に行った際、ふとコモのアッボンディオ聖堂を見たくなって立ち寄ってみました。というのも、以前美術史の講座でキアラ先生とお話している時に「マエストリ・コマチーニ」の話で、アッボンディオ聖堂の話題になった…

ルッカのサン・フレディアーノ聖堂

4月にルッカへ立ち寄った際、前回は通り過ぎてしまったけれどとても気になるファサードの教会へ、今回は一目散に駆けつけました。オモニマ広場にあるバジリカ、サン・フレディアーノ聖堂です。トスカーナ州のロマネスク建築といえば、白い大理石が太陽を浴び…