読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

四方山話:マルクス・アウレリウス像

先日エミール・マール著『ヨーロッパのキリスト教美術 上』(岩波文庫)を
読んでいたら、とても興味深い逸話がありました。

中世、イタリアへの巡礼で最初に訪れるべき所はもちろんローマの
サン・ピエトロでしたが、その他にサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノも
キリスト教徒にとっては一番大事な場所の一つでした。
キリスト教世界最古の聖堂、つまり“全ての教会の母にして頭”だからです。

f:id:egotisme:20140613013025j:plain

ピラネージの描く古代ローマの美しい版画を見るのは好きで、色々と
想像も膨らみます・・・このラテラーノ宮殿と大聖堂をローマ教皇に与えたのは
キリスト教徒になった最初の皇帝コンスタンティヌスでした。
このラテラーノ大聖堂の前はピラネージの絵のように、のどかな田園風景が
広がり、巡礼者たちは壮大なローマを見ながらここに辿り着いたんでしょう。

中世を通じてローマ教皇庁のあったラテラーノ宮殿前広場の、
ここに青銅のコンスタンティヌス帝騎馬像があったようです。
ローマにやってきた巡礼者たちはその像を敬意を持って眺め、
その皇帝騎馬像を拝んでいました。何世紀にも渡って。

1538年、ミケランジェロが設計したカンピドーリオ広場にこの騎馬像が移されます。

 

f:id:egotisme:20140613013058j:plain



ところがこの騎馬像はコンスタンティヌス帝ではなく、キリスト教を迫害していた
マルクス・アウレリウスの像だったのです!
中世の人々は、初めてキリスト教徒となった皇帝を拝んでいるつもりで
実は迫害者を崇めていたというワケです・・・知らぬが仏とはこのこと?!

しかしこの騎馬像は巡礼者たちの記憶に残ったらしく、フランス各地の教会でも
素朴な騎馬像が見出されるのだとか。前述の『ヨーロッパのキリスト教美術』には
「それが、巡礼ということによって生まれた芸術作品の初めての例となった」と
書かれていました。


人気ブログランキングへ