エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

ミラノ

f:id:egotisme:20140613183007j:plain


1883年3月9日、トリエステで生を受けた詩人ウンベルト・サバ。
彼ならではのアフォリズムに彩られた詩集は、故須賀敦子さんを惹き付け、
美しい日本語に訳してくださっています。

ウンベルト・サバの詩にMilanoというのがあるのですが、
これがサバの詩集の中で一番好きな詩。
_________________________
Fra le tue pietre e le tue nebbie
faccio villeggiatura.
Mi riposo in Piazza del Duomo.
Invece di stelle ogni sera si accendono parole.

Nulla riposa della vita
come la vita.

石と霧のあいだで
ぼくは休暇を愉しむ。
大聖堂の広場に来てほっとする。
星のかわりに夜ごと、ことばに灯がともる。

生きることほど、人生の疲れを
癒してくれるものは、ない。
_________________________

夕方から夜にかけてミラノのドゥオモ広場を通る時、
なぜかこの詩を思い出すのです。


引用:Umberto Saba『Poesie scelte』Oscar Mondadori
邦訳は須賀敦子全集の第5巻『ウンベルト・サバ詩集』河出文庫


人気ブログランキングへ