エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

ベアトリーチェ・チェンチ

f:id:egotisme:20140616184847j:plain


ローマのバルベリーニ宮にあるグイド・レーニの

「ベアトリーチェ・チェンチ」肖像画。
美術館のサイトには1600年頃の作品であると書かれてあります。


ベアトリーチェは1599年5月11日、性的虐待の限りを尽くした

(と言われている)父親を殺したという重い罪で斬首刑、彼女を助けた

継母とベアトリーチェの兄も斬首、そして家来たちの撲殺刑と、

ローマのサンタンジェロ城前で公開処刑されました。
(遺体はSan Pietro in Montorio教会に埋葬)

 

当時、身分の高い人が処刑される場合は斬首、身分の低い人の

場合は撲殺だったようですね。そして無法地帯だったローマの治安を

立て直すために、わざわざ公開処刑にしたのでしょうか。

 

ベアトリーチェは絶世の美女とうたわれていて、ローマ市民は当時

その処刑には反対の意思を表明していたのですが、教皇クレメンス8世は

名家チェンチ一家の領地と財産の没収を目論んで、あえて処刑の

執行をしたとも言われているのだとか・・・

 

その公開処刑を見ていた(であろう)24歳の画家グイド・レーニが

描いたのが、上の肖像画です。


一種のターバンのようなものを被り、ふと振り向いた憂いのある優しい顔。
まなざしは柔らかく、大きな瞳が印象的です。
つい先ほどまで、さめざめと泣いていた瞬間をふいに他人に見られたかのような
少し驚いた様子も、その潤んだ瞳が語っているような気がします。
一度見たら忘れられない表情です。

ここに1823年、スタンダールは友人たちと訪れ、この絵を鑑賞し、すぐに
魅惑されてしまいます。
そしてローマで見つけた16世紀の古文書などを調べ、1839年『Les Cenci』として
この薄幸の美少女ベアトリーチェ・チェンチの物語を仕上げました。

その中に「絶望に沈んだ十六歳のあわれな娘の乱れた髪毛などを正確に
再現したならば、真実さをぞっとするようなものにまで押し進める結果に
なりはすまいかと恐れたから」グイド・レーニは、あえて刑の執行に必要な
ターバンを被らせ、美しい金髪がほんの少しのぞく程度にしたとの見解を
述べています。

f:id:egotisme:20140616184920j:plain


観光客でごった返すサンタンジェロ城前も、ベアトリーチェの美しい顔に
思いを馳せつつ散策してみるのもいいかもしれません。

参考文献:Stendhal『Les Cenci』

     スタンダール全集第6巻『イタリア年代記』


人気ブログランキングへ