エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

アルテミジア・ジェンティレスキ

16世紀から17世紀にかけては個性的な女性の芸術家が美術史とよばれるものに
誕生した初めての時代。
その先駆者かつ圧倒的な存在感のあるアルテミジア・ジェンティレスキ。
日本でも3〜4年ほど前に展覧会があったので、ご覧になった方も
多いのではないでしょうか。

f:id:egotisme:20140616185721j:plain


1593年7月8日アルテミジアはローマで生まれました。
彼女の父はオラーツィオといいカラヴァッジョの影響を強く受けた画家でした。
幼い頃からアルテミジアは父親の工房で助手として手伝っていたようです。
この時代には画家の父を持ち、娘を工房で手伝わせるという事は多々あった
ようで、ティントレットなども娘を助手としていたのだとか。

当時の画家というのは、顔料を作ったり、枠を組み立てたり、しかも
宗教関連の大きな絵を作る事が多く、そうした雑務や色々な事を全て
こなしていかなければいけなかったという点では、男にとっても大変な
肉体労働でした。
その父親の工房で「バロック・リアリズム」をどんどん取得していった
アルテミジアは、他の工房の娘たちが望んでも叶わぬ夢であった「画家」に
なっていくのです。

彼女は17〜18歳頃、画家のアゴスティーノ・タッシと共同制作者として働いて
いました。このアゴスティーノは遠近法の描写に優れ、そうした彼の技術を
アルテミジアは教わりつつ仕事をしていたのかもしれません。
ただこの画家は既婚者でありながら、妻の妹とも関係を持ったりする
私生活ではだらしない男だったようです。

1612年2月、父オラーツィオは法廷に訴え出ます。
訴状は「アゴスティーノが娘アルテミジアを、おそらく1年前ぐらいから、
何度も強姦した」罪で。

アルテミジアの訴えによると1611年5月6日が最初の日であった、と。
その際にアゴスティーノは「結婚を約束する」とウソをついていたようです。
聞いただけで卑劣極まりない事件ですが、7ヶ月間も続いた裁判も
結局はアルテミジアが「性的にだらしない堕落した女」の烙印を押され、
アゴスティーノはローマを追放されただけで終わりを迎えました。

f:id:egotisme:20140616185744j:plain

 

その裁判直後ぐらいに描かれた「ホロフェルネスの首を斬るユディト」です。
ナポリのカポディモンテ美術館にあり、縦158.8cm x 横125.5cmの大作。
ひと目見た瞬間、彼女の怒りの声が届きそうなほど衝撃を受ける絵です。

それまでにもユディトを題材にした絵画はありましたが、
ホロフェルネスの首を切る瞬間を描いた画家はカラヴァッジョが最初でした。

もちろん、カラヴァッジョの「ホロフェルネスの首を斬るユディト」も
素晴らしい作品だと思います。嫌悪感をもよおすホロフェルネスの歪んだ顔。
狡猾そうな醜い老婆が今か今かと袋を携えて立っている姿も恐ろしい。
ユディトの若干幼い顔と美しい瞳が向かう先には血がほとぼしり
後ろに描かれた赤い幕が、まさに劇場的効果を生み出しています。

しかし、こんなか弱そうな少女のようなユディトの細腕だけでホロフェルネスの
ような男の首を斬り落とせるものでしょうか。

f:id:egotisme:20140616185823j:plain


アルテミジアは1620年にも同じ題材、同じ構図で、ほとんど同じ絵を描いています。
大きさはさらに大きくなって縦199cm x 横162.5cm。
これはフィレンツェのウフィッツィ美術館にあります。
こちらのほうが、私はもっと迫力を増したようでお気に入りの1枚なのですが、
ホロフェルネスの返り血を浴びて、ユディトの胸元まで赤く染まっています。
この侍女が男の上に乗って押さえている姿も迫力ながら、なるほど、
こうして協力しないと女が男を殺すだなんて、なかなか出来ないと思いました。

この二人の女の、腕が集中した剣の柄が十字架を描いているのも印象的です。
故若桑みどり先生は、それは「彼女らが『正義』を遂行していることを
確信していることを象徴している」とおっしゃっています。

ただこの絵は、当時もそして現在も、女性に「女らしさ」を求める批評家には
不評です。(イタリアのロベルト・ロンギ氏なども、それとなく不快感を示し、
『なんて女だ』と言ってたり、田中英道先生の『イタリア美術史』の中でも
『大げさになると同時に女性の顔の気品と内面性が失われている』と
書かれていました。)

アルテミジアの描く女は、ミネルヴァやユディトなど、強くたくましい女が
多いのも特徴だと思いますが、このユディトに自分を重ね、
ホロフェルネス(男やその社会)の首を斬る、それはアルテミジアの心の叫びで
あったような気がします。

参考文献:『象徴としての女性像』若桑みどり 筑摩書房
     『イタリア美術史』田中英道 岩崎美術社
     『女性画家列伝』若桑みどり 岩波新書
     『Storia di una passione』24Ore Cultura社 Catalogo della Mostra


人気ブログランキングへ