読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

ミラノのティエポロ

17世紀にはヴィスコンティ家の邸宅だった建物を
その後カルロ・ジョルジョ・クレリチ侯爵が買い取り、ミラノに
それまでにないような豪華な宮殿にしようと大修復が行われました。

それがミラノ大聖堂からすぐの、裏通りにひっそりと佇むクレリチ宮。

 

f:id:egotisme:20140731223544j:plain


18世紀になり、カルロの息子のアントニオ・ジョルジョ・クレリチに
その「大修復」の意思は引き継がれます。

おそらく当時イタリアでも話題になっていたヴェルサイユ宮殿の「鏡の間」を
意識し、バロック芸術の粋を集めようと、彼は莫大な資金力でそれを

実現していったのです。

f:id:egotisme:20140731224132j:plain


当時かなり高価であった鏡をふんだんに配置し、その向かいの壁には

フランドル地方で織られた豪華なタペストリーが掛けられています。
このクレリチ家ご自慢のサロンは全長なんと22メートル。

その頃すでにヨーロッパ各地で名を知られていたヴェネツィアの画家
ジョバンニ・バッティスタ・ティエポロ(ジャンバッティスタ・ティエポロ)を
ミラノに呼び、1741年にはサロンの天井いっぱいにフレスコ画
「太陽神の凱旋車の疾走」 を完成させました。

f:id:egotisme:20140731224731j:plain

 

f:id:egotisme:20140731224753j:plain

 

f:id:egotisme:20140731224822j:plain

 

f:id:egotisme:20140731225937j:plain

 (モーゼの人生を描いたタペストリー)


天井画は下方から見上げる仰視法を取り入れ、明るく優美な彼の画風の効果を

一層盛り上げる役割を果たしています。

この手法は当時のミラノの貴族たちにも大人気で、クレリチ家のサロンは

舞踏会などの待ち合い室としても使用され、ミラノ社交界の場でもありました。

ヴェネツィア人のティエポロはまた、フレスコ画に遊び心を取り入れるのも

得意でした。そうした工夫が、貴族たちの目を楽しませ、知的な会話を

促していたのでしょう。
また天井の四隅には「四大陸(ヨーロッパ、アジア、アメリカ、アフリカ)」を
描き、世界観を表現。

もちろん彼の自画像も描き込んで自己アピールするのも忘れていません。

f:id:egotisme:20140731225519j:plain

 (女性が手をあげている、その下にある顔がティエポロ自画像)

これだけの贅を尽くし、一族の資産を使い果たし、人生を謳歌した

アントニオ・ジョルジョ・クレリチが1768年に亡くなりました。

資金繰りに困った跡継ぎのフランチェスコは、その時ミラノを統治していた

ハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの息子フェルディナンド大公と
マリア・ベアトリーチェ・デステ大公妃に、このクレリチ宮を
「賃貸」し、その後ミラノ王宮(現パラッツォ・レアーレ)が建設されて
大公夫婦がそちらへ移ってしまった後、1813年にナポレオンに譲る事になります。

1942年からはISPI(国際政策研究所)として機能しています。

このティエポロの間と呼ばれるクレリチ家のサロンは定期的に一般公開

されていますので、その時期に予約して見学が可能です。

 

予約 Tel・E-mail : +39-02-8693053 ispi.eventi@ispionline.it

 

 


人気ブログランキングへ