読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

スタンダール慕情

パリでは歴史散策をするのが好きです。

今回はl'église de l'Assomption de Parisに立ち寄りました。

ここは1842年3月24日、スタンダールの葬儀がおこなわれた教会で、

華やかな雰囲気のサントノレ通りに面し、ひっそりと隠れたように

佇む小さな教会との対比が印象的でした。

 

f:id:egotisme:20140916201507j:plain

 

f:id:egotisme:20140916201711j:plain

 

通りの喧噪がウソのような静かな内部。

スタンダールの柩はどこに置かれていたのだろうなどと考えつつ

天井を眺めたりしていました。

 

f:id:egotisme:20140916201755j:plain

 

この小さな教会でスタンダールは友人だったメリメなど、たった3人の友人のみに

見送られて、あの世へ旅立ちました。

メリメの嘆きは大きく、生前の交友が深かったのを偲ばせます。

 

スタンダールのひっそりした葬儀の後、モンマルトルの墓地へ埋葬されました。

パリには有名な墓地が数カ所存在していますが、このモンマルトル墓地が

個人的にはスタンダールが永眠しているということで好きです。

(墓地が好きというのも変な話ですけど・・・)

 

f:id:egotisme:20140916202007j:plain


イタリアが好きだった彼は墓碑にまでイタリア語で書いてある、あの有名な
「Milanese
 Scrisse
 Amo
 Visse」
(ミラノ人、書いた、愛した、生きた)
遺言をどうしても見たいと思っていました。念願叶って、彼のお墓を見つけた瞬間は
心が震えるぐらい感動!

しかし!
色んな本を読んでみると、実際のスタンダールの遺言には
「Visse
 Scrisse
 Amo」
(生きた、書いた、愛した)の順番で 書いてあったとあります。

つまり遺言執行者がどうも独断で墓碑の名文句を 変えてしまったらしい・・・

という事なのでしょうか。

スタンダールはディレッタントとして人生と芸術を謳歌する事を何より
重要だと感じていたから、 どうしても「Visse/生きた」を一番に
持ってきたかったらしいのです。


「Scrisse/書いた」のは文学だから、 生活を文学以上に重んじていた事を
人々に知ってもらう事を望む、楽しむ事は創造するよりも重大である、と
ツヴァイク作の伝記「スタンダール」にも書いてありました。

なるほど。ますます想いは募ります、好きです、スタンダール。
彼の自伝的作品を読んでいても随所に感じる 享楽的な部分が、

これで増々深まってくる感じもします。

それにしても・・・
スタンダールは草葉の陰から、怒ってるでしょうね・・・

 

 


人気ブログランキングへ