エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

ヴィチェンツァと天正少年使節団

建築にあまり興味のない方でも、ヴィチェンツァでルネサンス建築家

パッラーディオが手がけた美しい建物をご覧になれば、きっと心を

動かされるはず・・・

 

そういえば年末年始に若桑みどり著『クワトロ・ラガッツィ』を再読、

再び天正少年使節への興味がふつふつと沸き上がりました。

 

年が明けてすぐ、ヴェネト州ヴィチェンツァへ出かけ、個人の名前で

その建物が呼ばれる「スタイル」を生み出したパッラーディオの傑作

パッラディアーナ聖堂と、世界最古の屋内劇場オリンピコを

愛でに行ってきました。

 

f:id:egotisme:20150108002841j:plain

f:id:egotisme:20150108004228j:plain

 

セルリアーナ式と呼ばれる、ヴェネツィアの建築によく見掛ける窓や門で

アーチと柱を組み合わせた開口部、それを連続させることで

この聖堂の美しさが一層際立っています。

ルネサンス期前後、約4世紀に渡ってヴィチェンツァはヴェネツィア共和国の

支配下にあり平和を享受し、経済的繁栄をもたらします。

こうした事は文化・芸術の発展に大きく貢献しました。

 

f:id:egotisme:20150108005008j:plain

 

パッラディアーナ聖堂の脇にアンドレア・パッラーディオの

堂々とした像が立てられています。もともとはパドヴァ出身の

パッラーディオですが、ヴィチェンツァでの仕事が彼の人生で

重要な位置を占めているのでしょう。

 

f:id:egotisme:20150108005518j:plain

 

聖堂の前にもパッラーディオが手がけた、赤い煉瓦が印象的な

建物がありますが、これはヴェネツィア総督府でした。

(現在はヴィチェンツァ市庁舎の一部です)

 

ひとしきり広場の美しさを堪能したら、パッラーディオ通りを

ブラブラと歩き、パッラーディオの遺作となったオリンピコ劇場へ。

1585年7月、天正少年使節もこの門をくぐったのでしょうか。

そう考えると感動します。

 

f:id:egotisme:20150108010622j:plain

f:id:egotisme:20150108010742j:plain

 

古代ローマの円形劇場を模して作られたオリンピコ劇場。

遠近法やだまし絵技法を駆使しているので実際よりも劇場が大きく見えます。

中に入った瞬間、目がくらんでしまいました。

 

f:id:egotisme:20150108010956j:plain

 

f:id:egotisme:20150108011018j:plain

 

こんなに美しい劇場を見るのは初めて!と言っても過言ではありません。

屋内劇場としては世界最古のもので、完璧な形で現存するルネサンス期の

劇場としても世界唯一。

天正少年使節はどんな思いを抱いてこの劇場を眺めたのでしょうか。

 

今も冷暖房の設備はないので、真夏と真冬は見学のみ。

春と秋にだけオペラやコンサートが企画されるようです。

客席も椅子はなく、完成してから約500年、ほぼ何も変わっていない

(照明だけ 電気になった)本当に美しい劇場でした。

 

f:id:egotisme:20150108011245j:plain

f:id:egotisme:20150108011308j:plain

 

そういえば1786年9月、ゲーテもヴィチェンツァのオリンピコ劇場で

観劇していて、『イタリア紀行』でパッラーディオについて言及しています。

真に内面的に偉大にしてかつ内部 から偉大性を発揮した人物で

あったと。そして「オリンピコ劇場は古代人の劇場を小規模に実現したもので、

えもいわれぬほど美しい」と。

 

f:id:egotisme:20150108011504j:plain

 

 

オリンピコ劇場の待合室(現ミュージアム・ショップ)の壁上方に

天正少年使節団を描いたフレスコ画がありました(高い所にあるので

写真がブレてしまって、ハッキリ見えないのですが・・・)

前段の右から2, 3, 4番目の人物が少年達だといわれています。

4人ではなく3人になっていて、和装ではなく洋装で観劇したことが

分かります(彼らだけ他の人と帽子も少し違う形のを被っているような?)

それにしても今から約500年前に、この同じ場所で、同じ景色を見た

日本人がいたことを、このフレスコ画を見て強く感じ、なんだか

とても感動してしまいました。

 

f:id:egotisme:20150108012600j:plain

 

そういえば、余談なのですが、イタリアでは道の名前に

「Via」や「Corso」などがついて「◎◎通り」となるのですが、

ヴィチェンツァでは方言の「Contra」が使われているのに

少々驚きました!ミラノでも19世紀には、まだ「Contrada」と

ついていたようですが・・・

 


人気ブログランキングへ