読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

イタリア初の王妃マルゲリータ

イタリアが1861年に統一されて、初のイタリア王妃になった

マルゲリータ・マリア・テレーザ・ジョヴァンナ・ディ・サヴォイア。

 

f:id:egotisme:20150115001156j:plain

 

イタリア国王第1号はヴィットリオ・エマヌエーレ2世なのですが、
彼の妻マリーア・アデライデは1855年に産褥死したために
イタリア王妃にはなっていなくて、息子のウンベルト1世が
従妹のサヴォイア家マルゲリータと1868年に結婚、1878年に王位につき、

マルゲリータがイタリア王妃第1号となりました。

 

マルゲリータは1851年11月20日トリノのサヴォイア家で生まれました。
美しいブロンドの、とても行儀の良いお嬢様だったようで、
信仰心も厚く、文化・芸術に並々ならぬ興味を示していた少女時代だったとか。

 

f:id:egotisme:20150115001601j:plain'

ミケーレ・ゴルディジャーニが1870年頃に描いた

マルゲリータ王妃肖像画。青いサテン地の光沢と白いレースの

透明度や繊細さを描き、それが王妃の若くて瑞々しい美しさを

引き立てています。

ゴルディジャーニは1835年フィレンツェ生まれ。王族や貴族の

肖像画を多く手がけていて、高貴な雰囲気をキチンと捉えた

画風が特徴です。

 

f:id:egotisme:20150115003513j:plain

 

もう少しお歳を召したマルゲリータ王妃の肖像画。

同じくゴルディジャーニの筆によるものですが、これもドレスの

光沢、羽毛の柔らかさ、レースの繊細さ、真珠の輝き・・・全ての

調和が取れ、王妃の高貴さを上手く表現していると思います。

 

さて、マルゲリータは17歳の時、従兄のウンベルト1世と

トリノ王宮で結婚しました。

 

f:id:egotisme:20150115003936j:plain

   (トリノ王宮の大階段にて)


そのウンベルト1世とマルゲリータ妃はモンツァ(ミラノ近郊)にある
宮殿をいたくお気に召していたようで、それもそのはず、
初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世から結婚のお祝いに
贈られたものだそうです。

 

f:id:egotisme:20150115004117j:plain

 

この王宮はあのスカラ座の建築家ジュゼッペ・ピエルマリーニの手によるもので、
1776年から1780年にかけて建設されました。

 

f:id:egotisme:20150115004153j:plain


広大な敷地内には、イタリアで最も古いイギリス式庭園や他の貴族達の

ヴィラが点在していました。
現在ではF1サーキット場(有名ですね)やゴルフコース、公園、

競馬場などになっており、囲まれた「公園」としてはヨーロッパ最大の

大きさをほこります。

 

f:id:egotisme:20150115004933j:plain

 

マルゲリータ王妃は、この宮殿に当時のイタリアの詩人たち
(パスコリやダヌンツィオら)を招いて、文学サロンを開催したり、
女性の低かった識字率を高めるための努力をしたり、
芸術の庇護者としてもかなりの貢献をした、と言われています。

 

日本での知名度はおそらくイマイチなマルゲリータ王妃ですが、

今や世界的に知名度があがった、このピッツァ・マルゲリータ!!!

 

f:id:egotisme:20150115005453j:plain


1889年、ウンベルト1世とマルゲリータ王妃がナポリをご訪問された際に
考案されたと言われ、今もイタリア中(いや、世界中)で食されてる

ピッツァです。
イタリア国旗のトリコローレ(トマトソース、モッツァレラ、バジリコ)に

なっていて、シンプルながら本当に美味しい!

ただこのピッツァとマルゲリータ王妃って、なかなか結びつかない感じも

しますけどね・・・(笑)


皮肉な事に、このお気に入りのモンツァで、ウンベルト1世は
1900年7月29日午後10時半、無政府主義者ブレーシに射殺されてしまいます。
それ以降はマルゲリータ王妃も、このモンツァに来る事はなくなったようです。

第一次大戦の際には、リグーリア州ボルディゲーラに避難し
そこで王妃は1926年に亡くなりました。

75年の生涯でした。

 


人気ブログランキングへ