読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

イタリアの最も美しい村:スペッロを訪ねて

イタリア絵画 ルネサンス ウンブリア 中世

花の絨毯で有名なスペッロですが、その時期以外に訪れても旅人の目を

楽しませてくれる美しい景色がいっぱいの町。

 

スペッロはウンブリア州ペルージャ県にある、イタリアで最も美しい村と

名付けられたコムーネの一つ。ドライブの途中、スバシオ山の麓に突如

現れる村の姿に、思わず歓声があがります。

 

f:id:egotisme:20150910230833j:plain

 

新市街に駐車してから、旧市街へと向かうと、立派な古い門が・・・

紀元前1世紀頃のローマ期のコンソラーレ門が出迎えてくれ、またまた歓声。

横に立つ塔は中世期のもの。

そして、3体の彫刻は16世紀に取り付けられたものだろうとのこと。

スペッロの歴史が凝縮されたような門に、村への期待も膨らみます。

 

f:id:egotisme:20150910231301j:plain

 

花祭りの村にふさわしく、どんな小路にも緑や花で溢れていて、人口8500人ほどの

小さな村にも関わらず、生活の質というか、住民の精神的な豊かさみたいなものを

散策しながらヒシヒシと感じました。

 

f:id:egotisme:20150910232307j:plain

 

f:id:egotisme:20150910232322j:plain

 

坂道がきつい所もあるので、夏の暑い時には汗だく・・・でもその坂を上り切った後、

ふと振り返ると広がるウンブリアの緑に癒されます。

 

f:id:egotisme:20150910232746j:plain

 

あと、とてもフォトジェニックな村なので(住民もよく心得ているでしょうし)

こんな風に、観光客のカメラに収めてもらうために、そこに駐車してあるかのような

光景にも出会えます(笑)はい、もちろん写真を撮りました♪

 

f:id:egotisme:20150910232922j:plain

 

車窓からも見えていた、サンタ・マリア・マッジョーレ教会の鐘楼に到着した頃、

雲行きが怪しくなってきたので、教会内で少し時間をつぶすことに。

1025年に建設された教会を、1285年に再築してロマネスク様式にしたようです。

 

f:id:egotisme:20150910233306j:plain

 

内部は残念ながらバロック様式になっていましたが、ここの見どころはズバリ!

バリオーニ礼拝堂に残るピントゥリッキオの美しいフレスコ画でしょう!

その側廊の礼拝堂にだけガラスの扉がつけられ、2ユーロを払って至福の時間を

過ごすことになります。

 

床にはウンブリア州デルータ産の16世紀マヨルカ陶器が敷き詰められ、壁の三方を

ピントゥリッキオの素晴らしいフレスコ画で飾られた小さな空間にしばし身を置く

幸せに浸りつつ・・・

 

f:id:egotisme:20150911000815j:plain

 

f:id:egotisme:20150911000900j:plain

 

今までにも何度か「受胎告知」の絵を見てきましたが、こんなに洗練されたのを

見るのは初めてかもしれません。

柱に掘られた彫刻等の細部まで丁寧に描かれ、

どこをとっても完ぺきな遠近法なのに、固くなく、あくまで優美な空間を

表現しています。

また絶妙な色合いが洗練度を高めている感じがしました。

奥に見える当時のスペッロも美しく描かれています。

 

f:id:egotisme:20150911002401j:plain

 

うつむく姿のマリアに見とれながら、ふと視線を横にずらすと何やら肖像画が・・・

注文主のバリオーニかと思いきや、よくよく見るとベルナルディーノの名前が。

実はピントゥリッキオというのは「小さな絵描き」という意味で、彼の本名は

ベルナルディーノ・ディ・ベットというのですが、なんと画家は自画像を受胎告知の

中に描きこんでいたのです!!

この時代はまだ作品に「サイン」という習慣がなかったのもあると思いますが、

画家がこうして画中に表れるというのは、画家としての自信もあるでしょうし、

また当主との信頼関係なんかも深かったのかなと思わせますね。

 

そういえばピントゥリッキオといえば、真っ先に思い出すのがシエナ大聖堂の

左身廊にあるピッコローミニ図書館の鮮やかなフレスコ画。

 

f:id:egotisme:20150911004102j:plain

 

あそこにも確かピントゥリッキオの自画像が描きこまれていたような・・・

なぜかピントゥリッキオがとても気になった夏でした。

 


人気ブログランキングへ