読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エゴチスムな日々

イタリアの閑暇そしてその悦楽

イタリア;2015年 秋の展覧会情報

2015年、芸術の秋にふさわしいイタリア各地で開催される展覧会の

情報をお伝えします。これからクリスマス休暇、年末年始にかけて

イタリア旅行を計画されてる方に参考にしていただければと思います。

 

まず、ミラノで見逃せないのがこちら。

 

*フランチェスコ・アイエツ;Hayez

http://www.gallerieditalia.com/hayez/

スカラ座広場のガッレリア・ディタリアで2016年2月21日まで。

f:id:egotisme:20151111004718j:plain

イタリア・ロマン主義の代表といえばフランチェコ・アイエツ。そして

アイエツといえば、この有名な作品「接吻」・・・

このブログでも以前、ご紹介しましたので、是非ご覧ください。

 

egotisme.hatenablog.com

 

この「接吻」には3作あって、それがミラノで一堂に会するのは実は初!

他にもアイエツの作品が120点も展示です。

 

*ジョット;Giotto、L'Italia

http://www.mostragiottoitalia.it/

ミラノ王宮博物館で来年1月10日まで開催中。

f:id:egotisme:20151111005646j:plain

ジョット作品13点が展示されています。見どころはやはり祭壇画。

ジョットについてもこのブログで触れていますので、よろしかったら

ご覧ください。

マエスタ・荘厳の聖母 - エゴチスムな日々

 

*ラファエロからシーレまで;Da Raffaello a Schile

http://www.daraffaelloaschiele.it/la-mostra/

2016年2月7日までミラノ王宮博物館にて開催中です。

f:id:egotisme:20151111010405j:plain

ブタペストにある国立西洋美術館から、ラファエロの「エステルハージの

聖母」やらクラナッハの「サロメ」、アルテミジア・ジェンティレスキ、

ヴァン・ダイク、ティエポロ、カナレット、シーレ・・・

彫刻ではロダンの作品も来伊しています。

盛りだくさんで、めまいがしそうな展覧会ですね。

 

*ボルディーニやデ・ニッティスのベル・エポック;Belle Epoque

http://www.gammanzoni.com/

f:id:egotisme:20151111011326j:plain

マンゾーニ通り45番地にある、ひっそり隠れた小さなギャラリー

GAM Manzoniで2016年2月21日まで開催中の「ベル・エポック」展。

この世界観、好きな方はお見逃しなく♪私はカタログまで買いました。

 

*フランス印象派からピカソまで;Dagli Impressionisti a Picasso

http://www.palazzoducale.genova.it/dagli-impressionisti-a-picasso/

2016年4月10日までジェノヴァのドゥカーレ宮殿で開催中です。

f:id:egotisme:20151111011949j:plain

モネ、ゴッホ、ルノワール、ドガ、ピカソ、マティス・・・約52点の

作品が展示されているようです。印象派を思いっきり堪能できそうな

展覧会ですね。会期が長いのも旅行者には嬉しいかもしれません。

 

*ジェームス・ティソ;James Tissot

http://chiostrodelbramante.it/info/james_tissot/

f:id:egotisme:20151111012757j:plain

イタリアでジェームス・ティソの作品が公開されるのは、これが

初めてなんだとか・・・来年2月21日までローマのブラマンテの回廊で

開催中です(このブラマンテの回廊自体も一見の価値あり。そして

展覧会を見終わったら、是非併設のカフェで回廊も堪能してください)

 

*古代エジプト展;Egitto. Splendore Millenario.

http://www.mostraegitto.it/

ボローニャの考古学博物館で来年7月17日まで開催中。

f:id:egotisme:20151111013613j:plain

オランダの国立ライデン古代博物館所蔵の作品が

来伊しているようです。1700平方メートルの展示スペースに

彫刻などが並ぶ姿は圧巻でしょうね。

 

*エル・グレコ;El Greco in Italia

http://www.elgrecotreviso.it/

トレヴィゾのCasa dei Carraresiで来年4月10日まで開催中。

f:id:egotisme:20151111014338j:plain

エル・グレコってよく知らなかったのですが、本名は

ドメニコス・テオトコプーロスというのだそうです・・・長い。

当時のヴェネツィア共和国統治のクレタ島で生まれ、イタリアを経て

スペイン・トレドへ。

そのイタリア滞在中にイタリア語でギリシャ人を意味する「グレコ」が

今も名前として伝わっているんですね。

 

*ゴッホ、シャガール、フォンタナ;Bellezza Divina

http://www.palazzostrozzi.org/mostre/bellezzadivina/

f:id:egotisme:20151111015106j:plain

フィレンツェのパラッツォ・ストロッツィで来年1月24日まで。

ゴッホの「ピエタ」、モローの「聖セバスティアヌス」、ムンクの

「マドンナ」なんかもあるようです。このドイツの表現主義なんかは

私はよく分からないのですが、お好きな方はお見逃しなく。

 

ミラノ万博があったおかげでしょうか、ミラノの展覧会がやたらと充実

した1年だったような気がします。

 


人気ブログランキングへ